2011年10月19日

リアル・スティールCMでプラレス三四郎を思い出す


リアル・スティール

↑これのCM見て「プラレス三四郎」を思い出した。
ロボット同士を遠隔操作で戦わせる部分は一緒。

プラレス三四郎で妙に記憶に残っているのが、柔王丸を軽量化
しようとして軽い歯車を取り付ける時に、ドライバーで強く
閉めすぎて歯車を割ってしまう場面。

あと、最初のうちは操縦機のようなもので操作していたと
思うんだけど、終盤はブレスレットをつけて脳波で操って
いたような・・・(記憶がさだかではない)

ついこの前観に行った「マイクロマウス」の大会でも同じような事を思い出してた。
なんかメカニカルな物ににワクワクしていた少年時代が
懐かしい。


posted by 峰 若葉 at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | シネマ パラサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。